978-4-906873-78-4

戦国三代の記 真田昌幸と伍した芦田(依田)信蕃とその一族  (978-4-906873-78-4)

定価(税別)
¥3,600
販売価格(税別)
¥3,600
在庫状態 : 在庫僅少

著者:市村到
仕様:B5判並製
ISBN:978-4-906873-78-4
発行日:2016/9/16
信州を舞台に繰り広げる戦国ドラマ!
戦国時代の末期、かの真田氏に勝るとも劣らない一族が信州佐久から発して、武田信玄・勝頼、徳川家康、今川氏、北条氏、上杉氏さらには織田軍や豊臣秀吉と関わって、抜き差しならぬドラマを展開したことは、あまり知られていません。しかし、その活躍は信濃、甲斐、上野、駿河、遠江、武蔵、相模、美濃、越後、越前の歴史の中に足跡となって残っています。
 本書は、その芦田(依田)信蕃を中心に、父の信守、子の康國、康眞に関わる芦田(依田)三代の視点から描かれています。『芦田記(依田記)』の記述に従いつつも、著者が実際にその地に赴いて、子孫あるいはゆかりの方々に話を聞き、自分の目で見て自分の足で調べたことについてまとめ、「注釈・解説」という形式をとりつつ語った一冊です。
数量